お風呂観る食べる・買う遊ぶ学ぶ体験泊まるその他
観光ブログ動画紹介常陸大宮観光マップ交通案内マップ
トップページ > 学ぶ > 大宮地域の民話 第17話:三蔵法師と泉観音
学ぶ
史跡・文化財-大宮地域の民話
一覧に戻る大宮地域の民話:一覧に戻る
第17話:三蔵法師と泉観音
   
いまからおよそ千三百年ぐらい前、現在の中国が唐といったころの話です。三蔵法師という偉い坊さんが、唐からわが国へ仏教をひろめるためにおとずれ、この地を通りかかりました。三蔵法師は、土地の人びとが水がとぼしくて苦しんでいるのをみて、泉を掘って救ってくれました。その泉を「三蔵の滝」と呼んでいます。三蔵法師は正観音さまの像を刻み、その像と天竺(いまのインド)から持ってかた米と箸とを、いっしょにこの地へ埋めて立ち去りました。後の時代のこと、関東地方に大ききんがあって、人びとは食物がなくて困っていたときです。朝廷の命により、弘法大師が仏教を諸国にひろめるために歩いていました。そして、前小屋(いまの大宮町泉)まで来たとき、紫の煙が天にのぼっていくのを見ました。「あの煙は何だろうか」大師は大いに驚き、祈祷をしました。このことがあってから、気候もよくなり、その年は稲も麦も豊かに実り、人びとは苦しみから救われました。紫の煙の立ちのぼったのは、三蔵法師が正観音を埋めたところでした。弘法大師はそこに寺を建て、三蔵山種生院と名づけました。そして、しばらくこの寺にとどまり、仏教を教えました。人びとはこの寺を「泉の観音様」と呼び、弘法大師が去ったあとも、手厚くまつってきたということです。
三蔵法師と泉観音
常陸大宮市観光協会
〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6 (商工観光課)
Tel:0295-52-1111